読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリックから始めるデジタルゲーム開拓書庫

このページは最近増えてきたデジタルカードゲームに関してのデッキ紹介、環境評価、初心者指南書を主にしたブログになります。

【FEヒーローズ】防衛用馬構成について解説

防衛ポイントが最高値で欲しい!! という方向け

 

攻めに関しても有用ですが、ピックアップキャラがいないと高ポイントが手に入らない問題がある為、防衛基準です。

 

 

馬構成は

 

馬魔 馬戦士(ギュンターほぼ固定) 馬魔or馬戦士 踊りorフリー

 

になります。

 

【馬魔】

レオンorウルスラorセシリアorラインハルトorオルエン等

 

この日記では馬キャラ(移動3)は強いと言っていますのでが、レオン引けていない記載者。寂しいですね。。。

 

防衛におけるこのキャラのお仕事:相手を先制で削る

 

そのため、スキルとしては

無属性遠距離を倒すスキルを優先して持たせるのがおすすめです。

セシリアがお手軽ですね。攻撃3と無属性特攻がある為

 

【継承】

B

【剣殺し】【槍殺し】【斧殺し】を持たせておくと、得意属性以外でも対応幅が上がります。得意+得意武器種殺しを持たせると前衛絶対殺すマンになります。

C

安定は【死の吐息】

次点は【騎刃の鼓舞】【騎盾の鼓舞】

威嚇は取らなくていいまである。

 

【馬戦士(ギュンター)】

ギュンターのCスキル【騎刃の鼓舞】馬のこうげき&はやさ+6を利用します。

継承でギュンターを隠居させるのなら誰でもいいですが

ギュンターは以下のメリットが強いため、編成しない場合は後の性能強化の面で損をします。

 

1.金である理由がない

ギュンターの武器は銀の斧の為、必要最低限の攻撃力は持っている。そして金となったとしても、得られる恩恵は金剛3と武器の攻撃力+4だけである。

金の限界突破の難易度を知っている人はわかると思われるが、専用キャラ(金しか存在しない、金のスキルがあって初めて存在価値がある)でない限り、金はデメリットにしかならない。

 

2.Aスキルがなくてもいい。

最近の日記をみればわかるが、Aスキルは基本的にとても強い物が用意されている。

が、ギュンターのAスキルは攻撃する分には強いが、他のスキルでも問題がない

 

【馬前衛】

アベルジェイガン、エルトシャン等

 

ギュンターがいる限り、前衛にそこまでの数が避けない為、ギュンターのスキルを継承する場合ここが2体に増える。

 

馬運用の前衛は基本的に2タイプ

 

・勇者武器による先制攻撃での撃滅(アベル等)

・一撃が重いキャラによる撃滅(エルトシャン等)

 

【継承】

A

基本的に前衛はAスキルは充実しているため、結構好きにしていい。

 

B

勇者武器の場合はBスキルに同族の【○殺し】が良い。遠距離、得意属性なら気にすることなく撃破する事ができ、苦手属性はそもそも前衛なら相手にしないからだ。

 

エルトシャン、ジェイガンのような獅子奮迅による効果持ちの場合、回復より攻撃スキル【待ち伏せ3】や【攻め立て3】サブスキルに【献身】を持つことでキャラのロジックが完成する。

 

C

基本的にCスキルは持っていても役に立たない為

味方を強化するスキルであれば問題はない。

 

 

 

【奥義について】

奥義は基本的に軽い物を利用する方が良い。

【凶星】

【月虹】

【氷華】等

【太陽】のような4までなら勇者武器を考えれば考慮範囲だが、【天空】【疾風迅雷】は完全なゴミスキルの為、忘れよう。チャージターン5というのは完璧にゴミスキルだ。大事なことなので2回記載しておく

 

 

強い、ように見えるだけで、実際使うことなんてまずない。

 

 

 

【FEヒーローズ】ファイアーエムブレムのスキル継承をする前の事前知識+1日で考えたスキルマッチアップ

お久しぶりです。

 

ネタがないので書く事はあまりなかったのですが、それに加えやや忙しいかったのが原因でした。

 

大きな変化が起きるようなアップデートはキチンと記載していきます。

 

 

【スキル継承】

 

継承素材となったキャラは消滅してしまうが、専用スキルを除く汎用スキルを3つまで取得が可能となる。

 

専用スキルとは

ルキナファルシオンなどの特殊武器

・杖系

 

2体目以降をやってはいませんが、試す一歩手前まで進んでみた所、2体以上継承が可能となっております。

 

素材元に 守備の威嚇1、 必殺系2個を継承

さらに素材元に守備の威嚇2,3を継承

 

みたいなことが出来る(はず)

 

継承1回しかできないから威嚇等完璧に継承したいという要望は叶えられるはずです。

 

 

で、大事なのは

A

B

C

 

についてです。ABC各種には何があるのか

 

【A】

Aスキルは基本的糞強い物ばかりです。単純に+○○とかいうのも此処に該当していおりますが、どの世界でもシンプルに能力が上がる物が一番強いから此処に来ている。

なので、あなたの主力には基本的にAスキルに何かが用意されているでしょう。

 

継承でAにいれたいというキャラは基本的に回復職の【杖】キャラです。

 

杖キャラはAスキルを持っていないことがある。此処に強い攻撃力のあがるスキルを入れたり耐久があがるスキルを入れておくととても心強い

 

【B】

Bスキルは自分の身を守る物が多い。又は回復するスキルだったりします。

すり抜け、進軍阻害、回復等が入りますね。

 

継承でBスキルにいれたいのはアタッカー軽職業達

 

ルキナだったりカーミラだったりそういった暗殺者達です。

 

ファイアーエムブレムのアタッカーって暗殺者が大半で、前衛を全うできるキャラの方が少ないw

 

【C】

Cスキルは他者に影響を及ぼすが100%です。

 

相手にダメージを散蒔く

周りの味方を強化する

相手のステータスを下げる

 

ここら辺は持ってたり持ってなかったり

 

・前衛で死なないような前衛キャラはステータスを下げるようなのが○

・暗殺者みたいなアタッカーはダメージを散蒔くか味方強化か

・全身性感帯みたいな後衛キャラは味方強化の方が安定ですかね

 

 

 

では強いスキルをせっかくなのでピックアップを行い、さらにやったらやばいだろうなという継承可能な編成を記載していきます。

 

 

【死線3】

おすすめ:✩✩✩✩✩

難易度:✩✩✩✩✩

就職先:魔法使い

 

クレイジーパワー魔法使いに与えましょう。防御が大した意味をなさない後衛職に一瞬で全てを与えてくれます。紙装甲、超火力とかおすすめ

 

 

【編成】

A:死線3 C:死の吐息3

 

 レオンみたいな馬がいればあれです。踊れば相手は壊滅します。

 

【待ち伏せ3】

おすすめ:✩✩✩✩✩

難易度:✩✩✩✩✩

就職先:前衛

 

ライフが減っていると先制攻撃になる。ちなみにコンボとして

 

【編成】

A:獅子奮闘3 + B:待ち伏せ3 + C:死の吐息3

第二アクティブ技:健診

 

何が起こるかというと、どうやって倒せばいいのかわかりません。。。

 

 

 

 

 

 

 

まだまだいろいろあると思うので、是非探してみましょう。

 

【シャドウバース】エラッタによる2枚の変更による環境の変化は本当に起きるのか → ない

やっと腰を上げたのかcygames

 

こんかい2枚の変更が発表されました。

 

1.ルーンの貫き

進化を行うとこのカードのコストが1になる

進化を行うとこのカードのコストが2になる

 

まぁ、妥当といえば妥当。まだ強いといえばまだ強い。

 

 

2.ミニゴブリンメイジ

2コストのカードを手札に加える

2コスト以下のカードを手札に加える

 

これは少し困った効果になりました。

ただ、絞れば結局取れる事実には変わらない。そしてちょっと美味しいのが

1コストのカードを取れるようになっちゃった。。。。。

 

弱体は弱体なのですが、一部強化というあーもうってかんじ

 

1コストが取れるようになるとドラゴンが喜びます。

そしてこのカードの変更によってエルフは困るという事はないと言いきれるでしょう。

ウォーターフェアリーの欄が変わるくらいです。

 

 

 

本当に困ったのは変更がこれだけという事です。

 

全てのウィッチに2-3枚入っているルーンの貫きを ✖

全てのウィッチに3枚入っているレヴィを ○

 

これが正解だったんだよ。レヴィの進化後のパラメータを変更してくれるだけでよかったのにね。

 

本当は慈悲はないお前も3コストに昇格だとかいいたいけど、そこは抑える。

3コストでもガン済みするけどね!

 

 

相変わらず後攻ウィッチはレヴィのおかげでx3で9点確定という事実には変わりません。

レヴィx3 9点

エンジェルアローx3 3点

ルーンの貫きx3 6点

マジックミサイルx3 3点

 

という事には変わりないという事です。なのでこの変更ではウィッチの人口は変わりません。断言します。変わりません。

 

 

 

変化が見られるのはヴァンパイア等のミニゴブリンメイジを入れていた事により少し得をしていたタイプ

 

1コストだとヴァンプじゃかなり幅広くなってしまいもう採用は見込めないでしょう。

 

ドラゴンは思考が変わるでしょう。

2コスト以下がどうせドローするドラゴンしかいないのだし、全然入れる理由になるんじゃないかという発想ならフィーナは高確率で続投です。

 

テンポ用にフィーナを採用していたネクロはまだ使えると思って続投するのか、他の5コストを見るべきなのか、ちょっと考えどころ

 

 

まぁ、結局環境は変わらないと断言できますので、さようならーって感じです。

 

 

【FEヒーローズ】新英雄召喚「兄弟の愛」の4キャラの使い勝手をwikiよりわかりやすく紹介

4キャラ増えました。ただでさえキャラ数が多いゲームなので、知らない奴相当いるのに、4キャラも増やしやがって、そうじゃなくてマップの広さと小隊規模をまず変えろよな

 

と思う方は、記載者よりの思考の持ち主

 

数値の値はwikiを参考にしています。もしかしたら違うかもしれませんが、そこは保了承ください。

 

【エイリーク】

種族:赤   ー5点

歩行:歩兵  ー5点

武器:超優秀 +10点

補助スキル:有 +5点

奥義:無 ー5点

パッシブ1:そんなでもない ±0点

パッシブ2:はやさは大事 +5点

HP:17~45 普通 ±0点

こうげき:17~45 低い ー5点

はやさ:32~38 速い方 +5点

ぼうぎょ: 7~29 低い ー5点

まぼう: 5~31 普通 ±0点

 

±0点 評価:まぁまぁ が、一言で言うのなら(現環境において)要らない。

 

 

詳細

攻撃力がとにかく低く、HPも並であるため、一撃で死ぬ。

なので、自身が前に出るという発想ではないサポートキャラに位置する。

が、今のバランスでは赤は個々で完成された存在でなければ生存権はそんざいしない為、サポートとしていられても困る。

 

強みは周りの攻撃とはやさを上げるという部分になる。このキャラを拠点として、上がったパラメータで叩くという戦い方を選ぶ場合、踊りとどっちが強いのかを考えてみる事。

踊りの重要性の方が遥かに高いと思われる現時点では✩4で十二分に活躍できるオリヴィエの方が良い。

 

言ってしまえば戦場のマスコット

 

 

【エフラム】

種族:青   ±0点

歩行:歩兵  ー5点

武器:超優秀 +10点

補助スキル:無 ±0点

奥義:有 ±0点

パッシブ1:なくて一向に構わない ±0点

パッシブ2:✩5相当 ±0点

HP:19~47 強い ±5点

こうげき:25~54 超高い +10点

はやさ:5~29 遅すぎる ー5点

ぼうぎょ: 7~35 高い +5点

まぼう: 4~23 青の定め ー5点

 

±5点 評価:強い 問題は厳選要素が強すぎる

 

詳細

現時の環境では、青の役目は物理耐久を持っている事がなにより大事な為、使い勝手が良い。

魔防を下げて他を上げたい気持ちがあるが、緑と赤だけが魔法が強い今は魔防をさげるというのはあまりしたくないのが本音。だが、このステータスでは魔防くらいしか下げれる点がないか。ただ下がるステータスを間違えると一気に弱くなる為、当たったあとの運が問われてしまう課金キャラ

 

HPを下げてはやさを上げる運用が個人的にはベストだと思われる。

 

速さの応援持ちを用意できるのであれば、編成順序を意識し、前線に牽制要因として置くのがいいだろう。

 

 

【ユリア】

種族:緑   ー5点

歩行:歩兵  ー5点

武器:優秀 +5点

補助スキル:無 ±0点

奥義:有 ±5点

パッシブ1:属性が緑なら違うのが良かった ±0点

パッシブ2:遠距離キャラの息吹は強い +5点

HP:16~41 普通 ±0点

こうげき:22~52 超高い +10点

はやさ:6~30 普通 ±0点

ぼうぎょ: 4~20 普通 ±0点

まぼう: 7~38 緑でなければ… ±0点

 

±15点 評価:緑でなければ…

 

詳細

緑でなければよかったのにねっていうキャラ

ただ、遠距離の生命の息吹3は盾キャラを一瞬で回復させてしまうので有用

たとえばの例だが、タクミに対して補正なしシルフィで受けるダメージは通常攻撃では7-9となる為、遠距離生命の息吹は使い勝手が非常に良い。

 

青キャラにアクア、赤キャラにレオンがいるのなら是非欲しい。

 

【セリス】

種族:赤   ー5点

歩行:歩兵  ー5点

武器:優秀 +5点

補助スキル:有 ±5点

奥義:無 ±0点

パッシブ1:大事 ±5点

パッシブ2:大事 +5点

HP:19~55 強い ±5点

こうげき:23~53 超高い +10点

はやさ:6~27 低すぎる -5点

ぼうぎょ: 7~33 普通 ±0点

まぼう: 4~25 低すぎる -5点

 

±15点 評価:強い

 

詳細

壁役が出来る赤というだけでそこそこの価値が存在する。

ただ魔法に弱いのがきつい。このパラメータでは同族魔法使いに一撃で倒されることが100%。

間違えば緑魔法使い相手でも踊りを合わせられるだけで死ぬ可能性が高い。

ただこれだけ攻撃とHPがあれば防御を下げても魔防や速さを上げて1ターンは死なないような作りを考えることが出来る。

 

どうして防御を下げようという発想になるのかは、青の物理アタッカーは攻撃力が高すぎて耐えられない為、ギリギリ死なないかと思われる赤の同属性物理アタッカーの一撃を耐えられる運用にしたほうがいいと思われるからだ。

ルキナの攻撃力53から30を引いたとして、HPが50あれば47ダメージとバフがない限り耐えられる。

 

 

エイリークが強そうにwikiでは書いてあるが、本人の強さが数値で見るとわかるように大した値ではない

とにかく先制で相手を倒したい構成

レオン、セシリアを利用した馬遠距離等であれば活躍の機会はある。

 

が、そのために赤を引くという発想になるのはそれらをすべて持っていればだろう色々と足りていないのであれば青を狙う方が個人的にはオススメかなぁ。

 

【回すか回さないべきか】

皆さんにとってこれが大事ですよね

 

結論を言えば、このゲーム一番大事な

【無差別反撃スキル】

【移動タイプ:馬】

【踊り】

がない時点でこの新キャラの価値は大した物ではない。

 

言ってしまえば、4人揃って無能sである。

 

次点として勇者武器による【2回攻撃】があれば運用として見る価値もあったかもしれないがそれもないバフ程度なら

回す必要はないと言いきれる。

 

 

 

【FEヒーローズ】ファイアーエムブレムの個体差について、どのキャラはどのステが良いのか1

既にいろいろなところで各キャラには個体差があるというお話が出ていると思います。

 

ただ、このゲームの対人要素は基本的に

構築は人間だけど、AIはコンピュータ

 

という所です。とは言ってもコンピュータの方が的確に倒してもらいたくない奴を倒してきますが。。。

 

なので、自分が攻める側であれば個体の差を気にする必要はありません。

 

足りないものは他キャラのバフで補える。人間間でよくやる行為です。

 

このゲームも基本的にはそういうものです。規模が小さすぎますが。

 

防衛に関してはガチャのちからが強すぎる為、リセマラを頑張るしかない。

 

さて、本題ですが

 

攻める側は何をしても良いといっても、どの個体が良個体なのか

 

になると思います。なので、各スキル持ちに対してどの個体が恩恵が大きいのかを記載

していきましょう。

 

 

【勇者の○○シリーズ】

2回攻撃サイッキョ!という、タクティクス系において最上位のスキルである2回攻撃です。

 

基本的にこのシリーズであれば、攻撃を上げておけば損はしません。

はやさ↓個体は倒せなければ死んでしまうという特攻キャラとなりますので

こうげき↑

はやさ以外↓

がベターです。ベストはおそらく魔防なのかな

 

どうせ弓食らったら死ぬんだから防御↓でいいんじゃねと思う方はわりとその発想が正しい。

 

【○○殺し】

絶対追撃、絶対追撃不可シリーズ

 

これ、罠テキストなので、おっ強そうじゃーんと思った人は気をつけて

これはライフによって発動するかしないかが決まります。

 

タクミになんちゃって特攻っぽい事もったセツナ強そうじゃなね?

攻撃してみる

反撃される

条件を満たせないため発動しない

死ぬ

 

という一連のプロセスを踏んでしまう。

 

この続種特攻系は基本的にHPの数値が大事です。特攻を持った相手に対しての対物防か対魔防、又はHPに補正が↑を向いていないといけません。

ただし、武器のスキルで付いている場合は気にしなくてOK スキルとして専用である場合は気を付けよう

 

セツナだと基本的にHP↑魔防orはやさ↓

とかですね。

 

【盾系】

これは生きていればなんとかなるという次のターンまで回ってくる事が大事なので

HPor防御or魔防↑

はやさ↓

 

がベターでしょう。どうせ2回攻撃されるのなら、被弾値を下げる方が良いです。

 

【○○の紋章や○○の威嚇】

こいつらは生きていなければ周りに恩恵を与えません。。。。

 

特に紋章だと攻撃、はやさ+6

威嚇なら-5

 

だったり、恩恵が大きいのです。自身が生きていることを前提においたステータスがいいですね。とはいえ攻撃が下方個体、周りが死んだ時に困るので

 

周りのために俺が死ぬ程度な立ち位置が求められる。厄介な

 

【踊り】

はやさ↑

防御or魔防orHPのどれかが-

 

こいつは食らったら死ぬ瀬戸物だと思って運用するのが正解、死ぬ前に前衛を輝かせるアイドルである。

 

歌って踊れるアイドルははやさが命。早くないとバジュラに撃ち落とされるのでね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【FEヒーローズ】先人が教えるファイアーエムブレムのレベル上げお勧め方法

【Lv1-8】

 

これは普通に経験値ダンジョンを回れば到達可能です。スタミナ消費も薄いのでガンガン回ろう。

 

専用構成も必要なく、とにかくレベル1の奴を7-9くらいまであげる。

 

【Lv9-22】

 

ここから相性とか、固い奴を突破するのに脳筋プレイとはいかなくなる。

死んでしまうと経験値ロストしてしまう為、高Lv(このLV帯なら20↑でいい)回復役を複数積む事がお勧め。

 

2体いればベスト

回復薬2、育成キャラ2が良い。ただ、回復薬は攻撃スキル”アサルト”は持たないこと。フィアー等の弱体化系又は、攻撃スキルを持たない事が望ましい。

 

【23-30】

 

ここからデバフ系(ステータスを下げる)が欲しくなる。弓とか忍を一人、踊り子を一人回復を一人、育てたいキャラを一人と区分していこう。

 

育てたいキャラが別色で4人揃えばそのキャラで進むことも出来るが、何体かロストするのがもったいない。

 

【31-35】

もう高LV回復薬の耐久では耐えられないレベルになってくる。回復が間に合えば良いが、間に合わなければ壁崩壊、スタミナロストとなったら目も当てられない。

 

なのでここからは得意属性が多い所を選んで、専用PTを組む事。

踊り子、回復薬、盾役、育てたいキャラが良い。

 

盾役はカウンター持ちではない。遠距離はそいつに売ってくれるのなら甘んじて受ける。そのキャラが消えても気にならないように40LVの奴を選んでいく。

 

40のアタッカーの反撃は相手が死んでしまうが、壁役の反撃ではやや残るので、それを利用しよう。

 

【35-40】

これはここは全力で行こう。チートしたかのようなステータス&覚えないスキルを覚えたキャラが蔓延っている為、育てたいキャラを殺せる可能性のある敵は悪即斬である。

 

35くらいのキャラが4人揃うまでは色々とレベリングを行い、そのレベル帯のキャラが揃ってきたらそのキャラ達+保護者役を連れて行くのが、おすすめ。

 

【レベリングおすすめキャラクター】

 

・リフ

みんな大好きハゲ

 

リバースが自身の回復に大きな影響を与え、自身のスキルでまたもや回復するというなんだこいつというキャラ。

育てる事しか運用しないため、✩5になる必要もない。とにかくレベルを上げてガチャでダブったら食わせるだけで超活躍する。

 

・サクラ等(フィアー持ち)

 

サクラなら守備付与でリフが固くなるので、良いが、なくてもフィアー持ちの回復キャラはラストヒット調整が可能となる為、育てておこう。

 

・アクア&オリヴィエ

踊り子は強い。というか強すぎる。

経験値ダンジョンでも2回攻撃は相手を倒すのに十二分の活躍をしてくれるため、あるだけで今後の為に育てておこう。闘技場でも活躍しかしない。

 

 

・前衛

ポイント

前衛の武器をレベル帯に合わせて変更する事。そうすることで与えるダメージを減らせる。

デバフ要員も武器を弱くしてダメージを調整できるようにするとラストヒットで育ちたいキャラが育ってくる。

 

攻撃の威嚇持ち等が経験値ダンジョンでは盾役として役に立つが、そういうのを考えなくても武器調整で十分。。

 

 

 

 

 

 

あと、レベル30になったらステータスを確認しよう。

その時点でレベル40の状態と比べてステータスの何が得意で不得意だったのか、いい加減に確定してくる。30Lvでも平然と予想を反したステータスになる奴もいるが、Lv1キャラに2回裏切られた先人がこの記事を記載しているので、30からステータスを見始めて35で確信というくらいがよろしいのではないかな

 

 

 

 

【シャドウバース】[ドラゴン]楽しいドラゴンリスト

カードゲームは

 

・逆転要素を楽しむ

・制圧要素を楽しむ

 

の2パターンです。

 

駆け引きを楽しむというのは、わりと盲信者なのでなにか人に格好いい事言いたい人はそういうといいです。やってる人からすれば『かっこつけたがりwwwwww』とか思うのでやってる人に言うのはかなりオススメしません。あなたの評価が決まってしまいます。

 

なんせ、出来て当たり前の事を言うのかよっていうのが、やってる人達は思うので

 

一個でもプレイミスしたら内心爆笑されます。m9って感じです

 

シャドウバースのドラゴンというタイプのデッキは”逆転要素”や”制圧要素”をとにかく盛り込めます。

 

エルフだと逆転要素というより勝つ為のコンボ要素を組み込んでいくパターンしかなく

テンポの制圧要素しか、実質持っていません。

 

 

右手が光りたいのならドラゴンが良いんです。

 

なので、今回はドラゴンのデッキタイプを記載していきます。

 

デッキの構成が軽い順

 

【フェイスドラゴン】

相手の本体に命をかけています

このゲーム最強のテキスト"疾走”を盛り込み、ドラゴンタイプ特有の”攻撃されない”というテキストで除去カードと取引していくデッキタイプ

 

基本的にEPはダメージとして換算されます。

 

デッキに積む物も【軽くて強い】、【攻撃されないテキストを持ったフォロワー】、【フォルテ】、【フォルテの為の補助カード】

になります。

 

回復と除去が多いビショップがやや苦手ですが、守護を持たないデッキに対して5割以上の戦果を出せる

 

【ランプドラゴン】

このゲーム上はPPがある限りなんでもきますが、そのPPをターン開始以外の手段で増やして行動幅を広げる又は大型フォロワーを展開して圧倒するデッキ

 

基本的に活躍するのは中型フォロワー~大型フォロワーですが、大型は基本的に

先出しすれば勝てるカードが多いです。なので盤面を制圧するのは中型がメインです。

 

【サタン】や【バハムート】が該当しており、このデッキタイプのどちらかを決めておくと中型フォロワーや補助スペルの選抜も変わってくるでしょう。

 

 

【進化ドラゴン】

ランプの派生

大型フォロワーがEPを3にする【オリヴィエ】を起点とし、他のドラゴンも進化を強みにするカードで構成されています。

 

先行において抜群の強さを誇っており、進化2+オリヴィエ3+オリヴィエ3

 

と進化というこのゲーム特有の要素を一生使われます。

 

ネプチューン】や【ドラゴンウォーリア】がドラゴンの序盤という部分を支えてくれる為、何をフィニッシャーとするのかを自分が選べるというのがこのデッキの楽しさです

 

 

ニュートラルドラゴン】

僕はこのデッキ好きじゃないし、強いとも思っていませんが

ニュートラルカード【戦乙女の槍】と【覇食帝・ガイザ】を起点とし、盤面を制圧していきます。

ニュートラル構成に特化する必要がなくても、ドラゴンのPPが増えやすいという特徴が、ガイザの副産物【キャロット】を超強化してくれます。

 

このデッキのメリットは先行では出したいカードを出していくだけ、後攻では【フィーナ】が異常なメリットを与えてくれるという所です。2コストを何にするかは、お任せします。

 

 

【龍巫女の儀式型】

手札を捨てる度に補充できるという【龍巫女の儀式】を利用する名称がそのままデッキタイプとなった物。

 

魅力は専用のカードで構築できるという一点。ほかに理由がないのが残念ですが、この恩恵のおかげで

 

常に勝ち筋を持っているという所がこのデッキ最大の魅力です。

【荒牙の龍少女】x3【新たなる運命】x2で相手は20点あっても死ぬ

 

この博打の極地にみたいなデッキは右手が光っているプレイヤーに最適かつ、光りたい系男児には都合がいい。

 

弱点は何割かの確率で自殺するところですかね。それも魅力です。

 

【バーンデッキ】

アミュレットカードの【龍爪の首飾り】を軸として利用した相手の本体を火力スペルor疾走で倒す事に意識を置いたデッキ

 

場のカードも基本的に除去スペルで処理します。全体除去を多めに

単体除去は基本的に【死の舞踏】を大型に突き刺します

 

フォロワー軸のデッキには中々優秀です。除去がとてつもなく多いので

ただ、問題点もかなり多いため、勝てるデッキが限られるというのが難点。

【サタン】からのレディースは悶絶物

箱庭を愛用する数少ないデッキタイプの一つ。

 

ただ決定的な欠点があり、とにかく時間がかかります。ビショップなんて踏んだらもう目も当てられないくらい時間だけかかります。

 

 

 

まだありますが、大まかにはこんな感じです。まだあるというのは派生が死ぬほどあるって所。