読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリックから始めるデジタルゲーム開拓書庫

このページは最近増えてきたデジタルカードゲームに関してのデッキ紹介、環境評価、初心者指南書を主にしたブログになります。

【FEヒーローズ】ファイアーエムブレムの個体差について、どのキャラはどのステが良いのか1

既にいろいろなところで各キャラには個体差があるというお話が出ていると思います。

 

ただ、このゲームの対人要素は基本的に

構築は人間だけど、AIはコンピュータ

 

という所です。とは言ってもコンピュータの方が的確に倒してもらいたくない奴を倒してきますが。。。

 

なので、自分が攻める側であれば個体の差を気にする必要はありません。

 

足りないものは他キャラのバフで補える。人間間でよくやる行為です。

 

このゲームも基本的にはそういうものです。規模が小さすぎますが。

 

防衛に関してはガチャのちからが強すぎる為、リセマラを頑張るしかない。

 

さて、本題ですが

 

攻める側は何をしても良いといっても、どの個体が良個体なのか

 

になると思います。なので、各スキル持ちに対してどの個体が恩恵が大きいのかを記載

していきましょう。

 

 

【勇者の○○シリーズ】

2回攻撃サイッキョ!という、タクティクス系において最上位のスキルである2回攻撃です。

 

基本的にこのシリーズであれば、攻撃を上げておけば損はしません。

はやさ↓個体は倒せなければ死んでしまうという特攻キャラとなりますので

こうげき↑

はやさ以外↓

がベターです。ベストはおそらく魔防なのかな

 

どうせ弓食らったら死ぬんだから防御↓でいいんじゃねと思う方はわりとその発想が正しい。

 

【○○殺し】

絶対追撃、絶対追撃不可シリーズ

 

これ、罠テキストなので、おっ強そうじゃーんと思った人は気をつけて

これはライフによって発動するかしないかが決まります。

 

タクミになんちゃって特攻っぽい事もったセツナ強そうじゃなね?

攻撃してみる

反撃される

条件を満たせないため発動しない

死ぬ

 

という一連のプロセスを踏んでしまう。

 

この続種特攻系は基本的にHPの数値が大事です。特攻を持った相手に対しての対物防か対魔防、又はHPに補正が↑を向いていないといけません。

ただし、武器のスキルで付いている場合は気にしなくてOK スキルとして専用である場合は気を付けよう

 

セツナだと基本的にHP↑魔防orはやさ↓

とかですね。

 

【盾系】

これは生きていればなんとかなるという次のターンまで回ってくる事が大事なので

HPor防御or魔防↑

はやさ↓

 

がベターでしょう。どうせ2回攻撃されるのなら、被弾値を下げる方が良いです。

 

【○○の紋章や○○の威嚇】

こいつらは生きていなければ周りに恩恵を与えません。。。。

 

特に紋章だと攻撃、はやさ+6

威嚇なら-5

 

だったり、恩恵が大きいのです。自身が生きていることを前提においたステータスがいいですね。とはいえ攻撃が下方個体、周りが死んだ時に困るので

 

周りのために俺が死ぬ程度な立ち位置が求められる。厄介な

 

【踊り】

はやさ↑

防御or魔防orHPのどれかが-

 

こいつは食らったら死ぬ瀬戸物だと思って運用するのが正解、死ぬ前に前衛を輝かせるアイドルである。

 

歌って踊れるアイドルははやさが命。早くないとバジュラに撃ち落とされるのでね