読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリックから始めるデジタルゲーム開拓書庫

このページは最近増えてきたデジタルカードゲームに関してのデッキ紹介、環境評価、初心者指南書を主にしたブログになります。

【シャドウバース】[ドラゴン]楽しいドラゴンリスト

カードゲームは

 

・逆転要素を楽しむ

・制圧要素を楽しむ

 

の2パターンです。

 

駆け引きを楽しむというのは、わりと盲信者なのでなにか人に格好いい事言いたい人はそういうといいです。やってる人からすれば『かっこつけたがりwwwwww』とか思うのでやってる人に言うのはかなりオススメしません。あなたの評価が決まってしまいます。

 

なんせ、出来て当たり前の事を言うのかよっていうのが、やってる人達は思うので

 

一個でもプレイミスしたら内心爆笑されます。m9って感じです

 

シャドウバースのドラゴンというタイプのデッキは”逆転要素”や”制圧要素”をとにかく盛り込めます。

 

エルフだと逆転要素というより勝つ為のコンボ要素を組み込んでいくパターンしかなく

テンポの制圧要素しか、実質持っていません。

 

 

右手が光りたいのならドラゴンが良いんです。

 

なので、今回はドラゴンのデッキタイプを記載していきます。

 

デッキの構成が軽い順

 

【フェイスドラゴン】

相手の本体に命をかけています

このゲーム最強のテキスト"疾走”を盛り込み、ドラゴンタイプ特有の”攻撃されない”というテキストで除去カードと取引していくデッキタイプ

 

基本的にEPはダメージとして換算されます。

 

デッキに積む物も【軽くて強い】、【攻撃されないテキストを持ったフォロワー】、【フォルテ】、【フォルテの為の補助カード】

になります。

 

回復と除去が多いビショップがやや苦手ですが、守護を持たないデッキに対して5割以上の戦果を出せる

 

【ランプドラゴン】

このゲーム上はPPがある限りなんでもきますが、そのPPをターン開始以外の手段で増やして行動幅を広げる又は大型フォロワーを展開して圧倒するデッキ

 

基本的に活躍するのは中型フォロワー~大型フォロワーですが、大型は基本的に

先出しすれば勝てるカードが多いです。なので盤面を制圧するのは中型がメインです。

 

【サタン】や【バハムート】が該当しており、このデッキタイプのどちらかを決めておくと中型フォロワーや補助スペルの選抜も変わってくるでしょう。

 

 

【進化ドラゴン】

ランプの派生

大型フォロワーがEPを3にする【オリヴィエ】を起点とし、他のドラゴンも進化を強みにするカードで構成されています。

 

先行において抜群の強さを誇っており、進化2+オリヴィエ3+オリヴィエ3

 

と進化というこのゲーム特有の要素を一生使われます。

 

ネプチューン】や【ドラゴンウォーリア】がドラゴンの序盤という部分を支えてくれる為、何をフィニッシャーとするのかを自分が選べるというのがこのデッキの楽しさです

 

 

ニュートラルドラゴン】

僕はこのデッキ好きじゃないし、強いとも思っていませんが

ニュートラルカード【戦乙女の槍】と【覇食帝・ガイザ】を起点とし、盤面を制圧していきます。

ニュートラル構成に特化する必要がなくても、ドラゴンのPPが増えやすいという特徴が、ガイザの副産物【キャロット】を超強化してくれます。

 

このデッキのメリットは先行では出したいカードを出していくだけ、後攻では【フィーナ】が異常なメリットを与えてくれるという所です。2コストを何にするかは、お任せします。

 

 

【龍巫女の儀式型】

手札を捨てる度に補充できるという【龍巫女の儀式】を利用する名称がそのままデッキタイプとなった物。

 

魅力は専用のカードで構築できるという一点。ほかに理由がないのが残念ですが、この恩恵のおかげで

 

常に勝ち筋を持っているという所がこのデッキ最大の魅力です。

【荒牙の龍少女】x3【新たなる運命】x2で相手は20点あっても死ぬ

 

この博打の極地にみたいなデッキは右手が光っているプレイヤーに最適かつ、光りたい系男児には都合がいい。

 

弱点は何割かの確率で自殺するところですかね。それも魅力です。

 

【バーンデッキ】

アミュレットカードの【龍爪の首飾り】を軸として利用した相手の本体を火力スペルor疾走で倒す事に意識を置いたデッキ

 

場のカードも基本的に除去スペルで処理します。全体除去を多めに

単体除去は基本的に【死の舞踏】を大型に突き刺します

 

フォロワー軸のデッキには中々優秀です。除去がとてつもなく多いので

ただ、問題点もかなり多いため、勝てるデッキが限られるというのが難点。

【サタン】からのレディースは悶絶物

箱庭を愛用する数少ないデッキタイプの一つ。

 

ただ決定的な欠点があり、とにかく時間がかかります。ビショップなんて踏んだらもう目も当てられないくらい時間だけかかります。

 

 

 

まだありますが、大まかにはこんな感じです。まだあるというのは派生が死ぬほどあるって所。