読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリックから始めるデジタルゲーム開拓書庫

このページは最近増えてきたデジタルカードゲームに関してのデッキ紹介、環境評価、初心者指南書を主にしたブログになります。

【対ウィッチ用】相手のカードプレイによるハンド予想

今回はウィッチ編

 

だが、ウィッチの場合、エルフやロイヤルのような推測はあまり意味を成さない

 

なぜなら、

 

1枚キープ以上した場合

 

・ドロシー

・超越

 

の2パターンくらいしかないから。

 

プレイ側がヴァンパイアだった場合は2ターン目に溜めたカードを使ったかくらいの確認だけしておこう。

 

ウィッチが初手をキープした場合は大体が自分のメインカードのキープとなる。超越なのか、ドロシーなのか、それを見ておけば

あとそいつらがどのくらいで使用可能なのかは想像可能な為、大事な大会とかなら気にしておこう。だがランク戦程度ではカウンティングは割と無駄である。

 

ドロシーの場合、フォロワーで判断できる。

個人的には採用しても強さを感じない3コスト2/2フォロワーが出てきた瞬間そのデッキはドロシーなので除去を打つタイミングを考えておこう

 

ちなみに、自分がビショップの場合は初手でテミスをキープする。超越ならそもそも遅めのビショップでは勝てないのでやっておいて損はない。

 

レヴィが進化ポイントの使い道はほぼ確定 できない場合は何かしら手札がスペルに塗れているか事故ってる

 

ドロシーのデッキは2回捌けば相手は何もできずに死ぬしかなくなる。バウンスでも効果的

 

理由はドロシーのダブりとユニットの数に限りがある為

 

エルフなら

ドロシー→回帰

ドロシーリターン→回帰

 

で相手は凄い困る。回復は3点くらい一回でも行えるデッキであれば相手の直接火力では限界が来るようになる。だからレヴィ進化の攻撃だけは受けないこと推奨とする

 

フェアリービースト

サハクィエルからラファエル

 

でスペル戦ではほぼGG

 

 

だが、本当にやっかいなのは超越の方

 

記事よしてかけることが、超越される前に相手を倒す

しかない。ライフが20しかないこのゲームでは追加ターンが連打出来てしまうのは対策仕様がない。