読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリックから始めるデジタルゲーム開拓書庫

このページは最近増えてきたデジタルカードゲームに関してのデッキ紹介、環境評価、初心者指南書を主にしたブログになります。

【冥府ウィッチ】ウィッチが適当に相手をリタイヤさせる冥府ウィッチ

 

f:id:dwagnerxria:20161011150548p:plain

f:id:dwagnerxria:20161011150552p:plain

 

一枚目は自分が使っているデッキレシピ、基盤パーツは下記に記載しますが、上は個人の趣味が入っています。実践上使わないカードが入っていますが、使いやすさ重視で抜いていない物もあります(エンジェルアローはほぼ打った記憶がないモリモーリも3枚はやりすぎ感)

 

2枚目は流行りのデッキでもあまり全力を出さずに勝てますよという典型例

これは対戦状況が

・テミスの祝福2枚打たれる

・ハゲ進化等の消滅除去3枚打たれる

・エイラ2枚置かれる

・新たなる運命は一枚も打っていない。

 

そんなことされてもこれくらいでかてますよというお知らせ

 

【基盤パーツ】

スカラーウィッチx3

・古き魔術師・レヴィx3

・スノーサモンx3

・冥府への道x3

・マジックミサイルx3

・虹の輝きx3

・変成の魔術x2

計20枚

 

あたっていれば

白霜の風は一枚積んで欲しいかな。2枚はきっと邪魔

 

ここから選択になります。

・土の秘術

・スペル系

 

上のデッキサンプルはスペル系になります。

強い弱いというカテゴリーでいうと

 

害・悪・系

 

ですね。強さは普通です。勝ち筋が冥府しかない冥府型はとにかく主導権を少しだけでも握っていれば必然的に絶対勝つデッキとなっています。(嘘だろと思うけど

・スノーマンを処理させる動き

・ゴーレムを処理させる動き

 

を取らせれば勝ちって事ですね

とにかくボードにいっぱい並ぶ。のが好きな人はエルフよりこっちを選んでおくとニヤニヤできます。エルフだと進化しまくるデッキなら同じくらい並びますが

f:id:dwagnerxria:20161011152449p:plain

こんな感じ。

 

これは事故ってそうに見えますが、スノーマンが既に10体程おなくなりになっています。

 

【気になる新たなる運命の枚数は?】

 

ぶっちゃけると3枚はやりすぎ感が凄いですね。土だろうがスペルだろうがエルフと違ってそんな気にするほどでもない。

 

これが冥府ウィッチの非常に強い所。新たなる運命が弱体化されても冥府への道が弱体化されない限り

 

”絶対に弱くならない”

 

とにかくコレ。作っておけば損しないのが素晴らしい。

冥府を6コストとかにされたら相当キツイし、スノーマンいじられると弱い

 

【弱点】

サイズの大きすぎるのが並ばれたら無理

たとえば

新段エルフレジェンドのリッチ→シンシアというミッドレンジエルフ最強の流れ

 

とか

アミュ開放後 → シュラインナイトメイデンで対象に取れなさすぎ

 

とかレヴィだけでは対応出来ない構成を組まれると本当にキツい。

選択肢によってそこをどうメタるのかがポイント

 

幸い、冥府ウィッチは型が多すぎる(自由枠が本当に20枚くらいある為)ので

わりと好き勝手憎めます。でもどうしても超低エーテルとはいかない。

最低ゴールドx8枚(レヴィ3冥府3?運命2?)くらいですからね

 

 

【だからエルフの事かけよ】

 

何を載せるか悩んでいる。上のシンシア系を予定中(明確に勝ち方が強くないってのが気になってる)