読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリックから始めるデジタルゲーム開拓書庫

このページは最近増えてきたデジタルカードゲームに関してのデッキ紹介、環境評価、初心者指南書を主にしたブログになります。

冥府で終わらせるコンボエルフの戦い方2  対ロイヤル追記

続き

 

【ネクロマンサー】

悪戯なネクロマンサーの進化の部分でかなり厄介な戦いになります
死の祝福までをターン通りに出されると突破不能な状況となるからですね

そしてこの手のデッキの場合は5コストの単体除去がある可能性が常にあり
エンシェントエルフも突破されやすいと非常にだるい。

したがって
6ターン目の死の祝福

を阻止していくプレイが一番現実
阻止の仕方は他のネクロマンスを使わせる
5コストの除去だったりスカルキングだったり
スカルキングは出しやすいので出されますが、妖精のいたずらの結構良い的
一体の守護はエルフにとって驚異でもなんでもない為、そんなの気にする必要はない
死の祝福で3体ネクロマンスで出てこられると森の意思や無理矢理突破するしかなくなる為、これが一番まずい
5コスト除去が面倒とか言いましたが、ネクロマンス減るので5ターン目に打たれるのは
全然オッケーだったり

回帰をつむと、ネクロ側に意外とダメージ与えられる気がする
(守護欠損かつ2点はこちら側の処理が容易い為)

のうがきをたれましたが、

実は冥府型からすれば、そこは問題ではなく、
パラメータが攻撃力寄りになっている事の方がはるかに問題だったりするけど
ミッドレンジとか言ってる方は考えなくても5分以上になる。
打点計算はケルベロスによる瞬時火力を考慮のみでよく、算数簡単
あとは普段通りにカードプールが回っていれば問題ないです。

除去がー、死の旋風がーとかいってる人
そもそもそんなデッキはミッドレンジじゃない。ミッドレンジというのは
マナカーブ通りに進めば相手のライフが死ぬ構築なのだから。捌くのにターンをかけているのはコントロールに寄せている

 

そしてそんな余計な事してる奴は大隊冥府が間に合って死ぬパターンを直撃する


【踏みたくない時の変更要素】


【ヴァンパイア】

厄介です。というか不利です

その1:アグロの場合はあらゆる意味で冥府する前に決着が着く
その2:序ー中で死ぬ危険性が一番高い。ドラゴンなんか比にならない。
その3:冥府起動後にこちら側が死ぬ可能性がある。

とくにその3が問題です。

アグロの場合は捌ききれずにやられる場合が高く、捌いたらもう勝負が付いていたりします
もうそれは冥府とかかなりどうでもいい状況です。

ミッドレンジは置いた後にこちらが負ける可能性が高い等、コンセプトを否定しています。

なので
とにかく序盤でこちらは全力を出す必要があります。森の意思は必要ないため、初手では切りましょう

ヴァンパイアは冥府置いて起動したら復讐発動→疾走直接火力の負け筋が常にあり
後半の守護の存在がとても大事になります。ここはドラゴンと同じなんですけど
ブレイブフェアリーが貴重品になりますので。1枚積んでおくのは非常に有用

ヴァンパイアに限り、冥府への道は1枚後ろの方で引く事を信じたプレイを
するのがベターになります。
この相手に限りリノセウス型を意識するのもあり。前記の低エーテル型は
リノセウス1枚になっていますが、これを仮想敵とするなら2枚ですね。

リノセウスを仕掛けるターンは8ターン目です。9ターン目は
セクシーヴァンパイアを先行で出せてしまうため、キルまでの射程範囲から
外れてしまうだけならいいのですが、最悪こちらが死にます

救いは頬っておいても勝手にライフ削っていくので中盤自然にリノセウスの射程範囲
に入ってくれる事でしょうか

これとロイヤルだけは負けても仕方ないです。

一番キツイのはロイヤルで2番目はヴァンパイアでしょう。

 

【踏みたくない時の変更要素】
ブレイブフェアリー

 

【ビショップ】

序盤に驚異がない為、そこまで気にする必要はないけれど、
ビショップはエンシェントエルフいないときつい部分が多々ある為、
今後揃えていきましょう。


相手の2-3ターン目に出現するフォロワーを倒してしまえば楽です
妖精のいたずらで大きいのを戻せば相手は1ターンで出せるフォロワーが限られます
1ターンに一枚なら森の意思や妖精のいたずら、火力エルフ達で裁く事が出来
それは冥府が間に合う事を意味します。

相手が2,3,4とアミュレットではなくフォロワーが出る状況(ブン回り)も軽コストを優先で倒して
戻すのが楽です。ビショップが嫌な場合はローズガーデンキーパーを採用すると
とっても楽ができます。1枚ですけどね。

 

【踏みたくない時の変更要素】
ローズガーデンキーパー

 

今自分がランクで使用しているのは虫型とミッドレンジ薔薇型です。

どちらも9ターン目がキルゾーンの為、そこにたどり着く為の構成を行っています。

ボダは7ターン目がキルゾーンなので使いやすいですが、これは飽きが来るので、長期使用をおすすめはしません。エルフから始めるデッキは通常エーテル系を今度記載します。

 

現状ロイヤルが多すぎる為、エルフは相当きついでしょう。デッキ圧縮と速攻と

アンタッチャブルとパンプアップとか頭悪い要素詰め込んでるので。ビートダウンしていくだけが本当に強い。

デッキも強いカードを詰め込むだけで考える必要がないため、チンパンジーでも試行回数で勝てます。余計な事を考えると逆に弱くなるのがロイヤルです。

1,2,3,4,5,6,7で強いカードを詰め込むだけで強いデッキになります。

ドラゴンはコスト幅が広いため、8,9,10ってのが入ってきます。そこが個人の好みですね。それがロイヤルにはない為、超簡単

 

ただ、苦手なのがそれだとわかっているので、冥府型ではない場合ですが

・森の意思

・ブレイブフェアリー

・エルフガード

は積んでみてください。前述のデッキはサンプルの為、各タイプデッキの対処は行っていません。

とくにブレイブフェアリーは終盤のアリサちゃんを助けるので、中終盤に1枚、収穫祭でとりあえずだしたい用なら2枚を捻出してみてください。